恵ウォーターの特徴

恵ウォーターのデメリット

恵ウォーターのデメリットは他社の天然水ウォーターサーバーと比較すると割高になることです。
初期費用・ウォーターサーバーレンタル料・配送料の3つが無料というのはランニングコストを抑える上で非常に嬉しいことですが、水代が高めです。
消費税込みで12リットル1本2000円前後という価格設定になっています。
他社の天然水だと12リットル1本で1200円程度のところもあるので、ウォーターサーバーレンタル料が有料という業者よりも毎月のコストが高くなる可能性があります。
無料部分が多く一見お得に見えるかもしれませんが、他社と比較する場合は先入観を持たず、しっかりと水代も考慮して比べるようにしましょう。

また2本1セットからしか注文することができません。
1本12リットルなので2本で24リットルです。
これが毎月のノルマとなるので使用頻度が少ない人だと達成できない場合もあるでしょう。
入会金・手数料は無料ですが、2年以内に解約すると5250円の解約金が発生します。
ウォーターサーバーのタイプ変更をする場合でも同様のお金がかかります。
一度利用を開始した場合、2年間は同じものを使い続けないといけないので本当にそのサーバーでいいのか、本当に必要性があるのかを考えた上で契約しましょう。

 

|  恵ウォーターのメリット |  恵ウォーターのデメリット |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁