オーケンウォーターの特徴

オーケンウォーターのデメリット

オーケンウォーターは一定期間使用しないと解約金が発生します。
らく楽ウォーターサーバー・スマートウォーターサーバーの場合、2年(天然水購入回数24回)未満だとサーバー引取料として9000円(税抜)、サーバー交換は5000円(税抜)かかります。
それ以外のウォーターサーバーの場合、1年(天然水購入回数12回)未満だとサーバー引取料として5000円(税抜)、サーバー交換は5000円(税抜)かかります。
どちらも規定の期間を過ぎればいつ解約しても解約金は発生しません。
このように一定期間使わないとお金がかかってしまうので、本当に使うかどうか慎重に考えてから契約されてください。

そして、オーケンウォーターのボトルは使い捨てタイプのワンウェイ方式なので回収してもらえません。
使い終わったボトルは自分で処分しないといけないので手間がかかります。
ただ回収タイプの方が面倒という感じる人もいると思うので、ワンウェイ方式にデメリットを感じるかは個人差があるかもしれません。

電源をずっと入れっぱなしにしないといけないので電気代が設置前よりも高くなります。
これはオーケンウォーターに限ったことではなく、他のウォーターサーバーにもいえることです。
基本的に一ヶ月の電気代は1,000円前後高くなると思ってください。

 

|  オーケンウォーターのメリット |  オーケンウォーターのデメリット |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁